30代ITコンサルのストレスフリー追求日記

30代IT女がストレスフリーな生き方を求めてあれこれ画策する日々を綴る

自転車シェアリング(バイクシェア)を試してみた④〜普及のためにお願い!

今回は、自転車シェアリング(ドコモバイクシェア)を数回利用した時点で感じた、今後の普及に向けての課題、というか要望を。

 

家の近くに新ポート、お願いします!

残念ながら、我が家に一番近いポートは徒歩10分。しかも急な坂を下ったところにあります。

朝の通勤で利用する場合、10分歩いて急な坂下って自転車を借り、その自転車で急な坂を上って出発、という想像しただけで吐きそうな行程となります。

せめて徒歩5分、近くのセブンイレブンとかTimesとかにポートできてくれないかなー

ポートマップを見ると、ぽっかりとカバーされていないエリアがあったりします。

今も週1回くらいのペースで新ポートオープンのプッシュ通知が届くので、家の近くの新ポートオープンも夢じゃないと思ってます。

ぽっかりエリアも程よくカバーすべく検討してくださっていることを祈ります!

 

自転車専用レーンの整備が進むといいな

実際に走ってみると、車道を走ろうとしても危ないなーと思う場面に遭遇しました。ガイドラインとして車道の端に自転車マーク(自転車ナビマークというらしい)が書かれているので大分走りやすいけれど、駐停車してる車が見えると、待つか、追い越すか、歩道に乗り上げるか、判断を迫られる。

自転車利用者が迷いなく、無理な運転をしなくていいような環境整備もお願いしたいところです。(もちろん、自転車利用者の交通ルール遵守&マナー向上も大前提ですが)

天下のNTT系列の皆様のお力があれば、道路整備も進められますよね?ね?

私は早く自動運転社会が来てほしいなとも思っているので、早くそうなってくれれば自転車にも乗らなくて済むのかもしれないけれど、例えば、将来自動運転車が走る専用レーンになることを見据えた自転車専用レーンを作るとか、何か付加価値のある整備ができると、世界に誇れるTOKYOの実現に近づくのではないかと思うのです。

東京オリンピックの時にはさすがに自動運転社会は無理だと思うけど、そのためのインフラ作りの初期段階として自転車専用レーンの整備は行けるんじゃないでしょうか?

このアイデア、結構いいと思うんですけど、どうでしょう??

夢広がりますね!!!

 

オトナもヘルメット必要だな、赤チャリコラボヘルメットとかどうでしょう?

最初は、ヘルメットも一緒に貸し出すといいんじゃない?と書こうと思ったのですが、思い直しました。

自転車はシェアできても、ヘルメットのシェアはちょっと、ね。。。

家に防災用ヘルメットないので、それも兼ねて買おうかな。自分の身の安全は自分で守らねば。

どこかの自転車用品ブランドとコラボして、赤い自転車に似合うヘルメットとかグローブとか販売したら、バイクシェアの宣伝にもなるし、この拡大期に売り出せば結構売れるんじゃないかと思うんです!

 

さいごに

自転車シェアリングへの要望とはちょっとずれますが、実は、直近の到着時に残念な思いをしました。最寄りの返却ポートへ続く急な坂、歩きタバコの宝庫みたいで、3人も歩きヤニーズに遭遇してしまったのです。ムキーッ!

たぶんそういう道なんですね、裏道だし目立たないし、あの人も吸ってるからこの道は吸いやすいぜ、的な。ムキーッ!!

これでは私のストレスフリーは実現しないじゃないか!

やっぱりもっと家の近くにポートプリーズ!!!

 

広告を非表示にする